コンテンツにスキップ

経歴など

経歴、参加プロジェクト、所属研究会など、各種実行委員など、その他

基本情報

  • 名前:大島聡史
  • 所属:九州大学 情報基盤研究開発センター 先端計算科学研究部門
  • 役職:准教授
  • 学位:博士(工学)
  • 専門分野:高性能計算、GPUコンピューティング、並列数値計算、自動チューニング
  • Twitter : 実名ではやってません(アカウントは作ってあるけど)
  • Facebook : こちら(友人の友人まで公開の設定になってます)
  • e-mail : ohshima a_t_m_a_r_k cc.kyushu-u.ac.jp

経歴

  • 1982年生まれ(栃木県)
  • 2000年3月 栃木県立矢板東高等学校普通科 卒業
  • 2000年4月 電気通信大学 電気通信学部 情報工学科 入学
  • 2004年3月 電気通信大学 電気通信学部 情報工学科 卒業
  • 2004年4月 電気通信大学 情報システム学研究科 情報ネットワーク学専攻 博士前期課程 入学
  • 2006年3月 電気通信大学 情報システム学研究科 情報ネットワーク学専攻 博士前期課程 修了
  • 2006年4月 電気通信大学 情報システム学研究科 情報ネットワーク学専攻 博士後期課程 入学
  • 2009年3月 電気通信大学 情報システム学研究科 情報ネットワーク学専攻 博士後期課程 修了
  • 2009年4月- 電気通信大学 情報システム学研究科 博士研究員(産学官連携研究員)
  • 2009年10月-2017年3月 東京大学 情報基盤センター スーパーコンピューティング研究部門 助教
  • 兼業 2014年4月-2016年3月 文部科学省 研究振興局参事官(情報担当)付 計算科学技術推進室 技術参与
  • 2017年4月-2019年6月 九州大学 情報基盤研究開発センター 学際計算科学研究部門 助教
  • 2019年7月-2022年9月 名古屋大学 情報基盤センター 大規模計算支援環境研究部門 准教授
  • (兼)名古屋大学 大学院情報学研究科 情報システム学専攻 情報ネットワークシステム論講座 准教授
  • (兼)名古屋大学 情報学部 コンピュータ科学科 准教授
  • 2022年10月- 九州大学 情報基盤研究開発センター 先端計算科学研究部門 准教授
  • 2022年10月- 名古屋大学 情報基盤センター 客員准教授

参加プロジェクト

科学研究費助成事業(科研費)

  • 2012年度-2013年度、若手B(代表)、GPUプログラム最適化のための指示文を用いた自動チューニング機構の開発、代表者:大島 聡史(東大)
  • 2012年度-2014年度、基盤B(分担)、実行時自動チューニング機能付き疎行列反復解法ライブラリのエクサスケール化、代表者:片桐 孝洋(東大)
  • 2017年度-2019年度、基盤B(分担)、H行列法ライブラリの機能拡張と次世代スパコン向け最適化、代表者:伊田 明弘(東大)
  • 2017年度-2019年度、基盤B(分担)、逐次問題の並列計算の数理とフレームワーク研究開発・実証、代表者:小野 謙二(九大)
  • 2018年度-2020年度、基盤B(分担)、機械学習向けハードウェアとの親和性が高い連立一次方程式の解法、代表者:横田 理央(東工大)
  • 2018年度-2019年度、萌芽(分担)、ディープラーニングを利用した革新的自動チューニング基盤の創製、代表者:片桐 孝洋(名大)
  • 2020年度-2022年度、開拓(分担)、超巨大ニューラルネットの継続学習への型破りな線形代数技術の適用、代表者:横田 理央(東工大)
  • 2021年度-2023年度、基盤B(分担)、格子H行列に基づく数値線形代数の構築と最新アーキテクチャへの高性能実装法、代表者:伊田 明弘(海洋研究開発機構)
  • 2021年度-2023年度、萌芽(代表)、レイトレーシング加速機構を備える画像処理ハードウェアを用いた高性能計算科学の創成、代表者:大島 聡史(名大)

各種研究プロジェクト等

  • ppOpen-HPC: 自動チューニング機構を有するアプリケーション開発・実行環境
  • ppOpen-HPC project
  • 2010年度~2017年度(延長等含む)
  • FP3C: Framework and Programming for Post Petascale Computing
  • e-science: Seamless and Highly-Productive Parallel Programming Environment for High-Performance Computing (シームレス高生産・高性能プログラミング環境)
  • http://www.open-supercomputer.org/escience/e-Science.html
  • 2008年度~2011年度、2009年度途中から参加
  • ULP-HPC: Ultra Low-Power, High-Performance Computing via Modeling and Optimization of Next Generation HPC Technologies
  • ULP-HPC: 次世代テクノロジのモデル化・最適化による超低消費電力ハイパフォーマンスコンピューティング
  • 2007年度~2011年度
  • IPA 未踏ユース
  • “Fast Numerical Computation Library using CPU and GPU” 2006th Software Creation Project “MITOH YOUTH” accepted, INFORMATION-TECHNOLOGY PROMOTION AGENCY, JAPAN (2006).
  • (情報処理推進機構:未踏:未踏IT人材発掘・育成事業)

所属研究会など

  • 情報処理学会 2004.01から?
  • ハイパフォーマンスコンピューティング研究会(SIG-HPC)
  • プログラミング研究会(SIG-PRO)
  • システム・アーキテクチャ研究会(SIG-ARC)
  • ゲーム情報学研究会(SIG-GI)
  • 自動チューニング研究会 2010.03から
  • 日本応用数理学会(JSIAM) 2010.04から?
  • 行列・固有値問題の解法とその応用(MEPA)
  • Society for Industrial and Applied Mathematics (SIAM) 2010.05から
  • Association for Computing Machinery (ACM), SIG-HPC 2010.05から
  • オープンCAE学会 2010.07から
  • GPUコンピューティング研究会 2009.09から

各種実行委員、役員、その他

学会役員

  • HPC研究会:運営委員 2016.04-2020.03
  • 自動チューニング研究会:幹事(運営委員会・総務)2015.05-2019.05
  • 日本応用数理学会「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会:運営委員 2013.04-, 幹事 2017.04-2021.03
  • 日本応用数理学会 若手の会:運営委員 2015.04-2019.03
  • オープンCAE学会:理事 2011.06-

実行委員など

  • International Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT)
    • iWAPT 2013, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019, 2020, 2021 Program Committee
    • iWAPT 2022 Program Vice-chair
    • iWAPT 2019, 2020, 2021, 2022 Publicity Chair
  • Auto-Tuning for Multicore and GPU (ATMG)
    • ATMG 2012, 2013, 2014, 2015, 2019, 2020, 2021 Program committee
    • ATMG 2016 Program Chair
  • Cluster 2020 Publicity/Web Chair
  • VECPAR 2012, 2016, 2018 Scientific Committee
  • HPCAsia 2020 Poster chair
  • 先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS) 2011, 2012, 2013 PC委員
  • Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI) 2016 PC委員
  • cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG) 2017, 2018, 2019, 2020, 2021 PC委員
  • International Workshop on GPU Computing and Applications (GCA) 16 17, 18 Program committee
  • International Workshop on Software for Peta-Scale Numerical Simulation (SPNS)
    • SPNS 2012 Web support Chair
    • SPNS 2013 PC Co-Chair
    • SPNS 2015 Publicity Chair
  • ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS)
    • HPCS 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017 プログラム委員
    • HPCS 2012 実行委員 プログラム委員会副委員長(広報、ポスター担当)
    • HPCS 2014 実行委員 プログラム委員会副委員長(論文担当)
    • HPCS 2015 実行委員 会場担当
  • SWoPP 2017, 2018, 2019, 2020 実行委員(MEPA担当)
  • 計算工学講演会 24回(2019年), 26回(2021年), 27回(2022年) セッションオーガナイザ
  • 情報処理学会全国大会 84回(2022年)プログラム委員
  • プログラミング・シンポジウム 幹事
  • 2020 Web担当
  • 2021, 2022 会場担当
  • IPSJ ACS論文誌編集委員(2013.04-2017.03)
  • JSIAM Letters論文誌編集委員(2015.04-2019.03)
  • 文部科学省研究振興局 HPCI計画推進委員会 将来のHPCIの在り方に関する検討ワーキンググループ委員 2018.01-2020.01