コンテンツにスキップ

2016

2016年

  • 論文誌
    • Takahiro Katagiri, Masaharu Matsumoto, Satoshi Ohshima: Auto-tuning of Hybrid MPI/OpenMP Execution with Code Selection by ppOpen-AT, 2016 IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium Workshops (IPDPSW), pp.1488-1495, doi=10.1109/IPDPSW.2016.49, May (2016). / 国際会議のProceedings
    • Satoshi Ohshima, Takahiro Katagiri, Masaharu Matsumoto: Utilization and Expansion of ppOpen-AT for OpenACC, 2016 IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium Workshops (IPDPSW), pp.1496-1505, doi=10.1109/IPDPSW.2016.123, May (2016). / 国際会議のProceedings
  • 査読付き会議
    • Takahiro Katagiri, Masaharu Matsumoto, Satoshi Ohshima: Auto-tuning of Hybrid MPI/OpenMP Execution with Code Selection by ppOpen-AT, The Eleventh International Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT2016) (In Conjunction with the IEEE IPDPS2016), May 27 (2016).
    • Satoshi Ohshima, Takahiro Katagiri, Masaharu Matsumoto: Utilization and Expansion of ppOpen-AT for OpenACC, The Eleventh International Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT2016) (In Conjunction with the IEEE IPDPS2016), May 27 (2016).
    • 口頭発表(査読無しの研究会やワークショップなど)
    • 中島研吾, 大島聡史, 塙敏博, 星野哲也, 伊田明弘: ICCG法ソルバーのIntel Xeon Phi向け最適化, 情報処理学会 研究報告(HPC-157), 2016年12月14日発行 (Vol.2016-HPC-157), pp.1–8, 第157回ハイパフォーマンス研究発表会, 沖縄産業支援センター会議室(大)302+303, 12月21日(水)-22日(木)開催 22日発表 (2016). / HPC研究会における研究報告・口頭発表
    • 塙敏博, 中島研吾, 大島聡史, 星野哲也, 伊田明弘: パイプライン型共役勾配法の性能評価, 情報処理学会 研究報告(HPC-157), 2016年12月14日発行 (Vol.2016-HPC-157), pp.1–9, 第157回ハイパフォーマンス研究発表会, 沖縄産業支援センター会議室(大)302+303, 12月21日(水)-22日(木)開催 22日発表 (2016). / HPC研究会における研究報告・口頭発表
    • 塙敏博, 中島研吾, 大島聡史, 伊田明宏, 星野哲也, 田浦健次朗: データ解析・シミュレーション融合スーパーコンピュータシステムReedbush-Uの性能評価, 情報処理学会 研究報告(HPC-156), 9月8日発行 (Vol.2016-HPC-156), pp.1–10, 第156回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 小樽経済センター(4Fホール), 9月15日(木)-16日(金)開催 16日発表 (2016). / HPC研究会における研究報告・口頭発表
    • 片桐孝洋, 松本正晴, 大島聡史: 高バンド幅メモリ環境における数値計算アルゴリズムの変革と自動チューニング技術, 日本応用数理学会2016年度年会([正会員主催OS] 先進的環境おける数値計算と関連基盤技術 (1)), 北九州国際会議場, 9月12日(月)-14日(水)開催, 12日発表 (2016). / 2ページアブストラクトと口頭発表
    • Satoshi Ohshima: Auto-tuning of “Modified/generated code by optimization and auto-tuning” problem, First International Workshop on Deepening Performance Models for Automatic Tuning (DPMAT), Room IB-014, IB Building (Integrated Building), Higashiyama Campus, Nagoya University, September 7 (2016). / 国際ワークショップにおける口頭発表
    • 塙敏博, 伊田明弘, 大島聡史, 河合直聡: FPGAを用いた階層型行列ベクトル積, 情報処理学会 研究報告(HPC-155), 8月1日発行 (Vol.2016-HPC-155), pp.1–9, 第155回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会 (SWoPP2016), キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館), 8月8日(月)-10日(水)開催 10日発表 (2016). / HPC研究会(SWoPP)における研究報告・口頭発表
    • 大島聡史, 伊田明弘, 河合直聡, 塙敏博: 階層型行列ベクトル積のメニーコア向け最適化, 情報処理学会 研究報告(HPC-155), 8月1日発行 (Vol.2016-HPC-155), pp.1–9, 第155回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会 (SWoPP2016), キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館), 8月8日(月)-10日(水)開催 10日発表 (2016). / HPC研究会(SWoPP)における研究報告・口頭発表
    • 片桐孝洋, 松本正晴, 大島聡史: 3次元積層技術による高メモリバンド幅時代の自動チューニング~FDMコードを例にして~, 情報処理学会 研究報告(HPC-155), 8月1日発行 (Vol.2016-HPC-155), pp.1–8, 第155回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会 (SWoPP2016), キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館), 8月8日(月)-10日(水)開催 10日発表 (2016). / HPC研究会(SWoPP)における研究報告・口頭発表
    • 大島聡史: Xeon Phiによる分子動力学計算の高速化, HPCS2016 2016年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (オーガナイズドセッション(ショートOS)「分子動力学計算ソフトウェアMODYLASのメニーコアアーキテクチャ対応,並列化に関する研究」), 2016年6月6日(月)-7(火)開催, 7日発表 (2016). / オーガナイズドセッションにおける口頭発表
    • 片桐孝洋, 大島聡史, 松本正晴: AT研究動向とAT専用言語ppOpen-ATの最新機能の紹介, HPCS2016 2016年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (オーガナイズドセッション(ショートOS)「エクサスケールコンピューティングに向けた自動性能チューニング研究の進展」), 2016年6月6日(月)-7(火)開催, 6日発表 (2016). / オーガナイズドセッションにおける口頭発表
    • Takahiro Katagiri, Masaharu Matsumoto, Satoshi Ohshima: Auto-Tuning of Hierarchical Computations with ppOpen-AT, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP16), MS55 Auto-Tuning for the Post Moore’s Era – Part I of II, Universite Pierre et Marie Curie, Cordeliers Campus, Paris, France, April 12-15, shown at 15 (2016). / SIAM PP16のオーガナイズドセッションにおける口頭発表
    • 大島聡史, 塙敏博, 片桐孝洋, 中島研吾: FPGAを用いた疎行列数値計算の性能評価, 情報処理学会 研究報告(HPC-153), 2月23日発行 (Vol.2016-HPC-153), 第153回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 道後温泉 ホテル椿舘, 3月1日(火)-3日(木)開催 1日発表 (2016). / HPC研究会における研究報告・口頭発表
    • Satoshi Ohshima: Effectiveness of ppOpen-AT for OpenACC , 2016 Conference on Advanced Topics and Auto Tuning in High-Performance Scientific Computing, Room 101, Mathematics Research Center, National Taiwan University, February 19-20 19日発表 (2016). / 招待講演ベースの国際会議における口頭発表
  • ポスター発表、その他
    • Satoshi Ohshima, Takahiro Katagiri, Masaharu Matsumoto: Utilization and Expansion of ppOpen-AT for OpenACC, GTC2016, San Jose, April 4-7 (2016).
    • K. Nakajima, M. Satoh, T. Furumura, H. Okuda, T. Iwashita, H. Sakaguchi, T. Katagiri, M. Matsumoto, S. Ohshima, H. Jitsumoto, T. Arakawa, F. Mori, T. Kitayama, A. Ida and M. Y. Matsuo, Optimization in the Real World, Mathematics for Industry 13, K. Fujisawa et al. (eds.): ppOpen-HPC: Open Source Infrastructure for Development and Execution of Large-Scale Scientific Applications on Post-Peta-Scale Supercomputers with Automatic Tuning (AT), Springer, pp.15-35 (2016). / 著書の一部
    • Satoshi Ohshima, Takahiro Katagiri, Masaharu Matsumoto: Utilization and Expansion of ppOpen-AT for OpenACC, 2nd Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI2016), 九州大学医学部百年講堂, 1月18日(月)-20日(水)(2016). / ポスター発表