コンテンツにスキップ

2013

2013年

  • 論文誌
    • Satoshi Ohshima, Masae Hayashi, Takahiro Katagiri, Kengo Nakajima: Implementation and Evaluation of 3D Finite Element Method Application for CUDA, High Performance Computing for Computational Science – VECPAR 2012, Springer LNCS 7851, pp.140-148 (2013). / VECPAR2012のSelected Paper
    • Takahiro Katagiri, Takao Sakurai, Mitsuyoshi Igai, Satoshi Ohshima, Hisayasu Kuroda, Ken Naono, Kengo Nakajima: Control Formats for Unsymmetric and Symmetric Sparse Matrix-vector Multiplications, High Performance Computing for Computational Science – VECPAR 2012, Springer LNCS 7851, pp.236-248 (2013). / VECPAR2012のSelected Paper
  • 査読付き会議
    • Takao Sakurai, Takahiro Katagiri, Hisayasu Kuroda, Ken Naono, Mituyoshi Igai, Satoshi Ohshima: A Sparse Matrix Library with Automatic Selection of Iterative Solvers and Preconditioners, Eighth international Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT2013) (In conjunction workshop with International Conference on Computational Science, ICCS2013), Proceedings of the International Conference on Computational Science, ICCS2013, Vol.18, pp.1332–1341, June (2013). / 国際会議
    • Takahiro Katagiri, Cheng Luo, Reiji Suda, Shoichi Hirasawa, Satoshi Ohshima, Energy Optimization for Scientific Programs Using Auto-tuning Language ppOpen-AT, Special Session: Auto-Tuning for Multicore and GPU (ATMG) (In Conjunction with the IEEE MCSoC-13), Proceedings of MCSoC2013, pp.123–128, National Institute of Informatics, Tokyo, September 26-28 (2013). / 国内開催の国際会議, Best Paper Award
    • Takahiro Katagiri, Satoshi Ito, Satoshi Ohshima: Early Experiences for Adaptation of Autotuning by ppOpen-AT to an Explicit Method, Special Session: Auto-Tuning for Multicore and GPU (ATMG) (In Conjunction with the IEEE MCSoC-13), Proceedings of MCSoC2013, pp.153–158, National Institute of Informatics, Tokyo, September 26-28 (2013). / 国内開催の国際会議
    • 口頭発表(査読無しの研究会やワークショップなど)
    • 大島聡史: GPUプログラム最適化のための指示文を用いたチューニング機構の開発, 第5回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム, 東京大学 山上会館, 12月25日(水) (2013). / 口頭発表
    • Satoshi Ohshima: Fast SpMV Implementation on GPU/Manycore Architectures and its Application, 2013 International Workshop on Software for Peta-Scale Numerical Simulation (SPNS2013), Earthquake Research Institute (ERI), The University of Tokyo, December 5-6, December 6 (2013). / 国内開催の国際ワークショップ(ppOpenHPC CREST)における口頭発表、発表スライド集あり
    • 大島聡史: GPU(Kepler)向けの高速なSpMV実装について, ATマイクロワークショップ2013, 下呂温泉ホテルくさかべアルメリア, 10月30日(水)-10月31日(木), 10月30日(水). / 口頭発表
    • 大島聡史, 金子勇, 片桐孝洋: メニーコアアーキテクチャ向けのSpMV最適化と自動チューニング, 日本応用数理学会 2013年度年会, アクロス福岡, 9月9日(月)-11日(水), 9月10日 (2013). / 日本応用数理学会の年会における口頭発表
    • 片桐孝洋, 大島聡史, 松本正晴: ppOpen-ATにより自動生成されたppOpen-HPCコードにおける自動チューニング機能の性能評価, 日本応用数理学会 2013年度年会, アクロス福岡, 9月9日(月)-11日(水), 9月10日 (2013). / 日本応用数理学会の年会における口頭発表
    • 大島聡史,金子勇, 片桐孝洋: Xeon PhiにおけるSpMVの性能評価, 情報処理学会 研究報告(HPC-140), 7月24日発行 (Vol.2013-HPC-140 No.33), SWoPP2013北九州, 北九州国際会議場, 7月31日(水)-8月2日(金) (2013). / HPC研究会(SWoPP)における研究報告・口頭発表
    • 大島聡史,金子勇: メニーコアプロセッサXeon Phiの性能評価,情報処理学会 研究報告(HPC-139), 5月22日発行 (Vol.2013-HPC-139 No.20), pp.1–6, 東京大学柏キャンパス, 5月29日(水)-30日(木)(2013). / HPC研究会における研究報告・口頭発表
    • 片桐孝洋, 大島聡史, 中島研吾, 米村崇, 熊洞宏樹, 樋口清隆, 橋本昌人, 高山恒一, 藤堂眞治, 岩田潤一, 内田和之, 佐藤正樹, 羽角博康, 黒木聖夫: レイテンシコアの高度化・高効率化による将来のHPCIシステムに関する調査研究のためのアプリケーション最適化と異機種計算機環境での性能評価, 情報処理学会 研究報告(HPC-139), 5月22日発行 (Vol.2013-HPC-139, No.4), pp.1–9, 東京大学柏キャンパス, 5月29日(水)-30日(木)(2013). / HPC研究会における研究報告・口頭発表
    • Satoshi Ohshima: Effective SpMV Implementation on Modern Parallel Architectures, 2013 Conference on Advanced Topics and Auto Tuning in High Performance Scientific Computing, National Taiwan University (Taipei), March 27-29 (2013). / 招待講演のみの研究会における口頭発表
    • Satoshi Ohshima, Takahiro Katagiri, Kengo Nakajima, Samuel Thibault and Raymond Namyst: Implementation of FEM Application on GPU with StarPU, SIAM CSE13, The Westin Boston Waterfront (Boston, Massachusetts), Feburuary 25-March 1 (2013). / SIAM CSE13のオーガナイズドセッションにおける口頭発表
    • 大島聡史, Luo Cheng, 平澤将一, 片桐孝洋, 須田礼仁, 本多弘樹: 超低消費電力高性能計算に向けた取り組み, 第54回プログラミング・シンポジウム, ラフォーレ強羅, 1月11日(金)-13日(日) (2013). / 冬のプロシンにおける研究報告・口頭発表
  • ポスター発表、その他
    • Satoshi Ohshima: Performance Evaluation of SpMV on Current Parallel Processors — CPU vs GPU vs MIC –, HPC in Asia session at ISC’13, Congress Center Leipzig, Leipzig, Jun 17 (2013). / ISC’13の併設ワークショップにおけるポスター発表
    • 大島聡史,片桐孝洋,中島研吾,米村崇,熊洞宏樹,樋口清隆,橋本昌人,高山恒一,藤堂眞治,岩田潤一,内田和之,佐藤正樹,羽角博康,黒木聖夫: レイテンシコアの高度化・高効率化による将来のHPCIシステムに関する調査研究におけるアプリケーションの最適化と複数の計算機環境での性能評価,SACSIS2013 – 先進的計算基盤システムシンポジウム -,5月15日発行,仙台国際センター,5月22日(水)-24(金)(2013). / SACSISのポスター発表