コンテンツにスキップ

2018

2018年

  • 論文誌
    • Satoshi Ohshima, Ichitaro Yamazaki, Akihiro Ida, Rio Yokota: Optimization of Hierarchical matrix computation on GPU, In proceedings of Supercomputing Frontiers. SCFA 2018. Lecture Notes in Computer Science, vol 10776. Springer, Cham, pp.274–292, Print ISBN=978-3-319-69952-3, Online ISBN=978-3-319-69953-0, DOI=https://doi.org/10.1007/978-3-319-69953-0_16, 2018 / 国際会議のProceedings
    • Yoshimichi Andoh, Soichiro Suzuki, Satoshi Ohshima, Tatsuya Sakashita, Masao Ogino, Takahiro Katagiri, Noriyuki Yoshii, Susumu Okazaki: A thread-level parallelization of pairwise additive potential and force calculations suitable for current many-core architectures, The Journal of Supercomputing, ISSN=1573-0484, DOI=10.1007/s11227-018-2272-2, 2018年2月12日発行 / 共同研究の成果、英語論文誌
  • 査読付き会議
    • Ichitaro Yamazaki, Ahmad Abdelfattah, Akihiro Ida, Satoshi Ohshima, Stanimire Tomov, Rio Yokota, Jack Dongarra: Analyzing Performance of BiCGStab with Hierarchical Matrix on GPU cluster. In: 2018 IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium (IPDPS), Vancouver, British Columbia, Canada, 21-25 May 2018, showed at 24
    • Satoshi Ohshima, Ichitaro Yamazaki, Akihiro Ida, Rio Yokota: Optimization of Hierarchical matrix computation on GPU, SC-Asia 2018, Resorts World Convention Centre Sentosa, Singapore, May 26-29, 2018, showed at 27
    • 研究報告・口頭発表(査読無しの研究会やワークショップなど)
    • 大島聡史: GPUを用いた格子H行列ベクトル積計算の性能評価, ATマイクロワークショップ2018@武雄温泉, 10月26日-27日, 26日発表 / 口頭発表
    • 大島聡史, 鈴木惣一朗, 坂下逹哉, 荻野正雄, 片桐孝洋, 安藤嘉倫: 512bit SIMD環境における分子動力学アプリケーションMODYLASの性能評価, 情報処理学会研究報告(HPC-166), 2018年9月20日発行, pp.1–9 / 情報処理学会HPC研究会における研究報告と口頭発表、
    • 北海道立道民活動センターにて開催
    • 大島聡史, 藤井昭宏, 田中輝雄, 深谷猛, 須田礼仁: マルチコア・メニーコア計算機環境における Chebyshev基底通信削減CG法の性能評価, 日本応用数理学会2018年 年会 2018年9月3-5日開催、5日発表, pp.471–472 / オーガナイズドセッション、予稿2P+口頭発表、名古屋大学にて開催
    • Satoshi Ohshima, Ichitaro Yamazaki, Akihiro Ida, Rio Yokota: Optimization of hierarchical matrix computation on GPU – accelerating many small matrix calculation, Sapporo Summer HPC Seminar 2018, 2018年8月8日, 北海道大学 / セミナーにおける口頭発表
    • 石黒史也, 片桐孝洋, 大島聡史, 永井亨, 荻野正雄: GPGPUによる高精度行列-行列積アルゴリズムのためのBatched BLASを用いた実装方式の提案, 情報処理学会研究報告(HPC-165), 2018年7月23日発行, pp.1–8 / 情報処理学会HPC研究会(in SWoPP2018)における研究報告と口頭発表、熊本市国際交流会館にて7/30-81に開催、8/1に発表
    • 南里豪志, 大島聡史, 小野謙二: Mellanox社のスイッチ装置への集団通信オフロード機能による集団通信隠蔽効果の調査, 情報処理学会研究報告(HPC-165), 2018年7月23日発行, pp.1–10 / 情報処理学会HPC研究会(in SWoPP2018)における研究報告と口頭発表、熊本市国際交流会館にて7/30-81に開催、7/30に発表
    • 大島聡史, 藤井昭宏, 田中輝雄, 深谷猛, 須田礼仁: Chebyshev基底通信削減CG法のマルチコア・メニーコア計算環境における性能評価, 情報処理学会研究報告(HPC-165), 2018年7月23日発行, pp.1–9 / 情報処理学会HPC研究会(in SWoPP2018)における研究報告と口頭発表、熊本市国際交流会館にて7/30-81に開催、7/31に発表
    • 大島聡史, 山崎市太郎, 伊田明弘, 横田理央: 階層型行列計算におけるソフトウェア自動チューニング, 第23回計算工学講演会, 2018年6月6-8日開催、7日発表, p.D-05-03 / オーガナイズドセッション、予稿4P+口頭発表、ウインクあいち(名古屋市)にて開催
    • 石黒史也,片桐孝洋,大島聡史,永井亨,荻野正雄: 高精度行列-行列積アルゴリズムにおけるbatched BLASの適用, 第80回情報処理学会全国大会, 第80回全国大会講演論文集, pp.49–50 / 2P予稿+口頭発表(3月13日発表)、学生奨励賞受賞 、早稲田大学にて開催
  • ポスター発表、講演、講習会、その他
    • 講習会の担当(GPUコースを担当) https://www.cc.kyushu-u.ac.jp/scp/users/news/2018/442.html
    • 講習会の担当(午前を担当) https://www.pccluster.org/ja/event/2018/01/180316-event.html
    • Satoshi Ohshima, Ichitaro Yamazaki, Akihiro Ida, Rio Yokota: Performance Evaluation of Hierarchical Matrix Computation on Various Modern Architectures, SIAM PP18, 3月7-10日 / ポスター発表
    • ワークショップにおける講演 https://www.pccluster.org/ja/event/2017/12/180215-16-event.html